top of page

育休復帰後の配転命令

■1 事案の設例

A部署の責任者をしていた社員Bさんが産休・育休をとっており、来月から復帰予定となってきた。

Bさんのポストは、すでに他の方が就任しており、空きがない。

来月、Bさんが復帰した際に、基本給等は維持したまま、部下なしの新設ポストを設け、簡易なルーティン業務をやってもらおうと考えているが、問題はあるか?


■2 育児介護休業法での不利益取扱の禁止と原職復帰への配慮

育児介護休業法10条では、労働者が育児休業を取得したことを理由とした不利益取扱の禁止を定めています。

もし、この条文どおりの事案であれば、当該不利益取扱は無効になります。

また、育児介護休業法の指針では、「原則として原職又は原職相当職に復帰させるよう配慮する」必要があるとしています。


■3 行政解釈では判断できない悩ましい事案はどうなるのか?

中小企業における上記■1の設例のケースは、まさにかなり悩ましい事案になります。

行政解釈は、法律条文・指針・通達などで判断せざるを得なく、判断しづらいもの(中小企業はこの部類が多いかと)は、司法判断にゆだねられるという回答が多くなるように思います。


私見ですが、明らかに〇か×でない事案(設例のような事案)では、大企業では違法性が高くなり、企業規模が小さくなればなるほど、大企業よりは違法性が低くなるように思います。


■4 悩ましい事案の裁判例はあるのか?

最近では、クレジットカード会社の事件がありまして、新設部門の部下なしポストに配転し、電話営業などを担当させたのは、労働者のキャリア形成を損なうもので、業務上の必要性も高いとは言えず、違法と判断しております。


■5 では、どうすれば良いのか?

企業規模が大きくなればなるほど、上記の違法性リスクは高くなると思いますので、ここは、極めてシンプルですが、まずはご本人とよく話し合っていただき、双方納得のうえでの職場復帰がベターだと思います。

話し合い当初には、双方の乖離があるかもしれませんが、何回かお互いの考えや事情などを確認しあいながら、折り合いの付けられる内容を探っていくのが、大事だと思います。

そして、双方OKとなれば、その合意内容は必ず書面で双方取り交わし、所持すべきだと思います。


結構リスキーなのは、「●さんは育児も大変だろうし、きっと会社の意向を受け入れてくれるはず」という会社だけの判断です。

悪気も何もないケースが圧倒的に多いのですが、このような思い込みから、トラブルに発展するケースが多いため、原始的でシンプルですが、「よく話し合う」というのがベターです。

これは、労務管理全てにおいていえる事です。

※話し合いを重ねた事実が、法的にも配転の適法性を高める事情になるかと思います。

最新記事

すべて表示

季節性インフルエンザへの会社対応(令和6年アップデート版)

■1 季節性インフルエンザで休んでいいよと言ったら? このような会社の言い方ですと、「雪が予測されるから早く帰っていいよ」という言い方と同じ理屈で、100%の賃金支払い義務が会社に発生する(就労免除のため)と、私はこれまでご説明してまいりました。 この点は、基本的に変わりません。 笑い話として「じゃんけんと同じで、先に出した(上記の場合は、先に言った)方の負け」と、いろんなところで申し上げてまいり

自社での降格と降職の違いは区別すべき

■1 降格は学説・裁判例・弁護士の見解により様々 1-1学説 労働法の権威で学者の菅野和夫先生の「労働法(第十版)」510項(弘文堂)」で、 降格には ・役職や職位を引き下げる降格(昇進の反対)を指す場合 ・職能資格制度における等級を引き下げる降格(昇格の反対)を指す場合 があり、 また、 ・人事権の行使として行われる降格 ・懲戒処分として行われる降格 があるとされています。 1-2裁判例 使用者

あり得る配転命令トラブル(近時の裁判あり)

■1 配転(配置転換)の原則 会社には解雇規制の法律が適用されますので、そのかわりに配置転換を命じる権利を比較的広範囲に有していると考えられています。 ただし、就業規則と労働契約書に配置転換を命じる旨の規定などが必要です。 従業員は、会社との労働契約(就業規則+労働契約書)に基づいて、配置転換命令を受けなければなりません。 正当な理由もないのに、かたくなに配置転換命令を拒み続けた場合、解雇事由に該

bottom of page