top of page

採用時における職務経歴等の調査の最新情報

■1 企業は応募者の同意なしに職務経歴等の調査ができるのか?

最新の私の結論は、「No」です。

昭和の私的には、これまで、「履歴書や職務経歴書をもとに、前職の会社にお電話していただき、人事部に求職者の在籍の有無などを確認された方が良い」と申し上げてきました。

この点に関する会社の対応方法について、行政指針で明確とまで言えるものは見当たらず、私のなかではグレーゾーンでした。


しかし、上記について、令和4年6月10日厚生労働省告示の改正職安法指針で、求職者の職歴等の確認・調査をするにあたって、求人者(会社)は求職者の同意を得なければならない旨が明記されました。

同意を得ずに、求職者の職歴調査等をした場合には、労働局の指導対象となりますので、今後はご留意ください。

※私自身、この点は、最近まで盲点でした。


■2 今後の企業の具体的対応は?

上記■1の指針を踏まえ、求人企業は、少なくとも「履歴書や職務経歴書の記載内容について、募集職種の適性判断を目的として、当社の●部が、あなたの在籍していた各企業の人事部(人事部がなければ担当部署)に電話・メール等で問い合わせをしたいのですが、これらについて同意していただけますか?」という趣旨の同意は得なければなりません。

同意の取得方法は、書面が良いです。

※労務における同意の方法は、書面が基本です。


加えて、指針では、「上記の同意の有無を、応募の条件にしない、自由意志を担保する旨」をうたっており、指針に沿った運用が必要です。

つまり、同意しない人の門前払いはだめですよと、言っております。


■3 最近多くなってきたリファレンスチェック

リファレンスチェックとは、私の認識で簡潔にお伝えいたしますと、求職者の職歴について、求職者の上司や同僚等にアンケート(評価)に協力してもらうこと(求人企業への調査協力)です。

一度、このテーマのウェビナーに参加したことがありますが、効果はそれなりに見込めそうな感じでした。

もしご興味がおありでしたら、私までお問合せください。


■4 労務問題は水際戦略が一番大事

基本的なことですが、採用に力を入れたら入れた分だけ、労務問題の発生リスクは減らせます。

問題を起こしそうな人を採用しなければ良いだけですから。

しかし、人手不足で、求職者を選んでいられない現実もあります。

そのような場合には、リスクと期待との割合をよく見極めていただき、リスクの方を事前に予測して、労働契約の内容(配置転換の有無や賃金等)を決めていかざるを得ません。


そのためには、過去にご紹介しましたDPI(ダイヤモンド社のSPI版)やリファレンスチェックなどを採用に取り入れていただき、水際対策強化、リスク回避強化をなさっていただきたいと思っております。


■5 当たり前のことなのですが、今一度

人というのは、良く変わることはとても努力のいることですが、悪く変わることは、たやすいことです。

ですので、採用に全力を挙げても、労務問題リスクをゼロにすることはできません。

しかし、ゼロを目指して「採用強化+より良い労務管理」をしていただきたいなと思っております。

最新記事

すべて表示

季節性インフルエンザへの会社対応(令和6年アップデート版)

■1 季節性インフルエンザで休んでいいよと言ったら? このような会社の言い方ですと、「雪が予測されるから早く帰っていいよ」という言い方と同じ理屈で、100%の賃金支払い義務が会社に発生する(就労免除のため)と、私はこれまでご説明してまいりました。 この点は、基本的に変わりません。 笑い話として「じゃんけんと同じで、先に出した(上記の場合は、先に言った)方の負け」と、いろんなところで申し上げてまいり

自社での降格と降職の違いは区別すべき

■1 降格は学説・裁判例・弁護士の見解により様々 1-1学説 労働法の権威で学者の菅野和夫先生の「労働法(第十版)」510項(弘文堂)」で、 降格には ・役職や職位を引き下げる降格(昇進の反対)を指す場合 ・職能資格制度における等級を引き下げる降格(昇格の反対)を指す場合 があり、 また、 ・人事権の行使として行われる降格 ・懲戒処分として行われる降格 があるとされています。 1-2裁判例 使用者

育休復帰後の配転命令

■1 事案の設例 A部署の責任者をしていた社員Bさんが産休・育休をとっており、来月から復帰予定となってきた。 Bさんのポストは、すでに他の方が就任しており、空きがない。 来月、Bさんが復帰した際に、基本給等は維持したまま、部下なしの新設ポストを設け、簡易なルーティン業務をやってもらおうと考えているが、問題はあるか? ■2 育児介護休業法での不利益取扱の禁止と原職復帰への配慮 育児介護休業法10条で

bottom of page