身元保証書

正社員として採用決定した後、入社日までに提出させる書類に身元保証書があります。

私の考えでは、身元保証書は金銭保証と身体保証のため、2名に保証人になってもらった方が良いと考えています。

金銭保証はなるべく第三者で、財産を持っている人が良いかと思います。

第三者が無理であれば、財産を持っている叔父さん等の親族で、家族でない方が良いと思います。

逆に、身体保証は、父母兄弟等の家族が良いと思います。

なぜなら、入社後に行方不明になったりした場合、家族に協力を求めないといけないからです。

また、メンタルになった場合や退職の話し合いをしなければならない事案について協力してもらうためでもあります。

身体保証は、今後の労務管理の実務で、より重要になってくると考えています。

身元保証書は、入社日までに、必ず提出させてください。

もし、かたくなに提出を拒む人がいましたら、入社は絶対させずに、まずは弊事務所までご相談ください。