社労士冨島の強い思い

特定社会保険労務士の冨島でございます。


 


会社を守るため経営者側に立ち、労務問題・労務トラブルへの対応、それらの防止策を講じることをメイン業務にしている社労士です。


 


私は社労士になる前から、様々な経営者の方に接してきましたが、次のような事態に見舞われた方がいらっしゃいました。


長年かわいがり育ててきた従業員が、会社の内外で問題を起こすようになってきた。

経営者の方は非常に優しいお人柄で、当該従業員の行動がいずれ改善するだろうと信じ、じっと待っておられた。

しかし、その従業員の行動は改善するどころか、どんどん悪化していった。

周りの普通の従業員にも悪影響が出始め、問題従業員に扇動され一緒に問題行動を起こしかねない状況になってきた。

みかねた経営者の方が問題従業員のことを思って注意をすると、逆恨みをするようになった。

問題従業員は自分が退職させられた時に備えて、いろんな証拠を集めていた。

そしてとうとう問題従業員が退職せざるを得なくなった時、以前から集めていた証拠をもとに、会社を訴えてきた。

 


結末は、経営者の方には受け入れがたい、大変理不尽に思えるものとなりました。


私がよくセミナー等でご紹介している、残念な方向の結末です。


「労働者を保護する法律はあっても、経営者を守ってくれる法律は無い」ということが顕著にあらわれた事案でした。


 


当時の私は社労士ではありませんでしたので、結末が理解できませんでした。


理論的にも心情的にも。


 


「労務問題・労務トラブルで、労働者には手厚い法律がたくさんあり、経営者には無い」


 


これは、重たい事実です。


もちろん、経営者の方が立場が強くなれる場合も当然あります。


だからといって、経営者が労働者に大金を請求できるなんてことは、ほぼありえません。


 


労務問題等が発生した場合、経営者の方としては守勢に立たざるを得ないケースがほとんどです。


当然、それ相応のコストもかかります。


そうであるならば、事前に手を打ち、問題の火種を消していった方が絶対良いに決まっています。


「そのお手伝いを、労務のプロである社労士という立場でやっていきたい」


そう思った気持ちが、今も生き続けています。


 


私が特定社労士として経営者側に立つのは、上記でご紹介した経営者の方のような事案を二度と見たくないからです。


少なくとも、私の周りでは見たくありません。


 


今後も労務問題・労務トラブルを未然に防ぐため、更に精進してまいる所存です。


 


どうぞ宜しくお願い申し上げます。